【東京】子連れでおでかけレポ!家族でマクセルアクアパーク品川(水族館)へ行ってきた

マクセル アクアパーク品川へ行ってきたのでレポートします!

家族3人で1泊2日旅行(平日の月・火曜日)の初日にマクセルアクアパーク品川へ行き、2日目に東京ディズニーランド行きました。

東京には水族館がたくさんあるので、どこにするか調べたのですが、じゃらんで東京の水族館第1位になっていたマクセル アクアパーク品川に行くことにしました。

マクセル アクアパーク品川へのアクセス

品川駅(高輪口)から徒歩で約5分です。

マクセル アクアパーク品川は、品川プリンスホテル内にあります。

品川駅(高輪口)を出て目の前の交差点を渡ります。

交差点から品川プリンスホテルが見えますのでそのまま、まっすぐ進みます。

品川プリンスホテルに、マクセル アクアパーク品川の看板が見えます。

ホテルの入口の方に行かず、坂道のほうを上ります。

坂を上ると、マクセル アクアパーク品川の入口が見えました。

この中を入っていきます。

入っていくとすぐにチケットセンターと券売機があります。

13時半頃に着きました。平日なので、人があまりいません。

入場券は、券売機で購入できますが、クレジットカードで購入希望の場合は、先に進むとチケットセンターもあるので、チケットセンターで入場券を購入します。





入ってすぐにアトラクション!

入場ゲートから入ってすぐに2つのアトラクションがありました。

水族館の室内にこんなに大きなアトラクションがあることに驚きました。

こちらは「ポート・オブ・パイレーツ」

通りかかったところ、ちょうど動いていました。こちらは娘の身長が足りないため乗りませんでした。

身長120cm以上から乗れます。料金は1回500円です。

 

こちらはメリーゴーランドの「ドルフィンパーティー」

これは娘は喜んで乗っていました。

普段の遊園地にある馬のメリーゴーランドとは違って、光輝いたイルカやアシカなどの海の生き物の乗り物が素敵でした。

平日なので空いて待たずに乗れました。

料金1回500円です。6才からは保護者の付き添い無しで一人で乗れます。

 

タッチパネルを搭載した水槽からスタート

アトラクションを過ぎ、フォトサービスエリアを通過すると、いよいよ魚たちの登場です。

水槽がタッチパネル式になっていて、水槽をタッチすると水槽に表示されている映像がさまざまな動きをします。

水槽を触ると面白いことが起こる!と娘もわかったようで、何度も何度も触って楽しんでました。

タッチパネルの水槽を過ぎると、たくさんのクラゲ!

いくつかの水槽があり、それぞれ色が異なっていて幻想的で癒されました。





イルカショー デイバージョン

2階のエスカレーターを上ると、ちょうど14時30分からのイルカショーがあと20分ほどで始まるところでした。

20分前の時点では席がけっこう空いていましたが、10分前くらいからたくさんの人が来て、前列4列(前列4列は濡れますとアナウンスされていました。)以外はほとんど席が埋まっていました。

 

カッパを100円で購入できるようで、カッパを購入して前列に座っている子供たちがけっこういました。

おもいっきりイルカにお水をかけられていました。

前列4列目まではしっかり濡れてました。

前列4列目のなかでも、人の多くいるところを狙ってイルカが飛んでいるそうです。

スタッフさんが、できるだけ固まって座ってもらったほうが、イルカも狙う場所が分かり易いですと言っていました。

上から落ちてくる水と、光と音楽と、イルカのジャンプが重なってとてもキレイで感動するイルカショーでした。

今までで見たイルカショーで一番感動しました。

イルカショーは11時30分から1時間半おきに開催しているので、是非観ることをおすすめします。

 

 

アシカとオットセイのミニパフォーマンス

14時30分からのイルカショーが終わると、15時からオットセイのミニパフォーマンスが始まるということですぐに移動しました。

場所はイルカショーエリアから出てすぐの、フレンドリースクエアエリアです。

 

こちらは15時からのオットセイのミニパフォーマンスです。

5分から10分くらいのミニパフォーマンスです。

まだパフォーマンスは練習中と言っていましたが、とても可愛らしいポーズをとってくれていました。

 

パフォーマンスの最後には観客の目の前をゆっくり歩いてくれます。可愛いポーズをしてくれました。

 

こちらは15時30分からのアシカのミニパフォーマンスです。

5分~10分くらいのパフォーマンスです。

想像以上に大きかったです。

こちらのアシカは、マクセル アクアパーク品川ではショーでしか見られないとのことです。

 

パフォーマンスの最後には、観客の目の前まで順番に歩いてきてくれます。

さまざまなポーズをしてくれます。

立つととっても大きいです。



イルカショーやミニパフォーマンスの他にも楽しめる

アシカのミニパフォーマンスとオットセイのミニパフォーマンスの間に15分ほど時間があったので、先に進み、ワイルドストリートとアクアジャングル内を見てきました。

ペンギンが元気よく泳いでいました。

水槽の下の方からと上からと見れるようになっていました。

 

こちらはゴマフアザラシ。

ちょうど顔を出していました。

 

こちらはコツメカワウソ。

2匹いるのですが、ずっと寝ていて顔は見られずでした。

 

イグアナなんでしょうか?名前がわからなかったけど写真とりました。

実物はとても大きいですよ。

 

こちらかカピバラちゃん。

見ているだけでとても可愛かったです。

水族館で魚だけかと思ったら、カピバラやカワウソなどもいて、動物園要素もあってとても楽しめました。

途中、15時半からのアシカのミニパフォーマンスが始まる時間になったので、もう一度ミニパフォーマンスのやるフレンドリースクエアエリアに戻りましたが、終わった後、もう一度このエリアを見て楽しみました。

 

最後は約20メートルの海中トンネルや9つの水槽群

こちら長さ約20メートルの海中トンネル!とても大きく、海の中に入った様な気分になります。

まるで魚たちから私たちが見られているような感覚。

マンタやエイを真下から見ることが出来ました。

 

大きな亀が優雅に泳いでます。こちらを見ているようでした。

 

エイのこの顔、なんともいえないくらい可愛いです。

 

海中トンネルを超えると水槽がいくつか並んでいました。

 

小さくてカラフルで可愛い魚がいっぱい。

 

こちらはファインディング・ニモでも有名なかわいいお魚。

なんて名前でしょ??二モー!と娘は喜んでいました。ドリーもいましたよ。

 

チンアナゴは見ていても飽きないですよね。

喧嘩しているチンアナゴがいて面白かったです。

 

マクセル アクアパーク品川の感想

今回、我が家がマクセル アクアパーク品川に滞在したのは13時30分頃から16時頃まででした。

所要時間は2時間半くらいです。

ディズニーランドに行くついでにくらいの予定だったのですが、想像以上に楽しむことができました。

間近で魚以外の生き物を見られて、娘にとってもとても楽しい時間を過ごすことができたと思います。

帰りも、品川駅がすぐ近くなので、子供が疲れがでる時間帯でしたが、すんなりと移動ができ便利でした。

マクセル アクアパーク品川は、イルカショーがとても印象的でした。行くまでは、小さい水族館なのかな?と思っていましたが、実際に行ってみると、一つ一つが楽しめて十分に満喫できました。

館内にはレストランや、お弁当を食べるよう場所がないので、お昼を済ませてから行かれるか、後からどこかでお昼をとるか、調整したほうがいいと思います。我が家は、お昼を済ませてから行きました。

 

ここでランチしてから行きました。参考にしてください。

【東京・品川】子連れで平日ビュッフェランチ「ガーデンレストランオールデイダイニング」にいってきた感想

2018年11月27日